店長からのメッセージ















もりのこむぎ5つのこだわり


@「焼きたて・揚げたて・作りたて」のこだわり
 食パン類、菓子パン類や焼き込み調理パンは2〜3回、ピザパンは4〜5回に分けて焼き、カレーパンは10回程度に分けて揚げ、調理パンは少量づつ何度も作りたてをお出しすることにより、常に新鮮なパンをお買い求めいただけるよう心がけています。


A「素材」のこだわり
 小麦粉はフランス産、カナダ産、アメリカ産、国産(北海道)など産地と種類を使い分けています。また、那須高原の新鮮卵とウインナー・沖縄の塩・北海道産バターや小豆・フレッシュ生クリーム・れんげ蜂蜜など・・・こだわった材料を使用しています。
 生地を発酵させる酵母は、毎日種継ぎをして育てている天然酵母「ルヴァン種」と、日本沿岸の海水中より摂取した海洋酵母(イースト)を併用しています。

 ルヴァン種とは、少量のライ麦とモルト・水で起こし、それに水と小麦粉を加え続けることによりできる発酵種です。小麦粉を水で練り放置しておくと、その内に存在する様々な微生物が一斉に増殖を始めますが、小麦粉と水とモルトを追加しながら発酵を継続すると、その中に含まれる微生物が乳酸やその他の酸などを作り出します。大部分の細菌は酸により消滅しますが、酸に耐性の高い酵母だけが増殖し、やがて酵母菌と乳酸菌が主体のルヴァン種ができます。ルヴァン種を生地に添加することにより、パンの“風味・香り・味”が良くなり、保存性が増し、独特の柔らかさを持続させる効果があります。
 現在もりのこむぎ全てのパンに使用しています。
また、カレーフィリング・カスタードクリーム・タマゴサラダフィリングやチーズケーキ・クッキーに至るまでオリジナルレシピで手作りにこだわっています。


B「焼き」のこだわり
 もりのこむぎの窯は、石窯(遠赤外線セラミックス)ですべての商品(パン類、菓子類等)を焼成しています。内側の石が熱を反射して、素材を丸ごと包みこむように加熱させる石窯の遠赤外線効果をセラミックで再現し、より本格的なパンを提供しています。
 この石窯で焼成したパンの主な特徴は、遠赤外線による放射熱伝道により生地に直接、しかも瞬時に加熱するため、よりしっとりやわらかく、劣化の遅いパンの焼成が可能です。また、フランスパンを代表とするハード系のパンは、中はもっちりふわっと、外はパリッと焼き上げるため、本来の粉の旨みや風味をお楽しみいただけます。




C「楽しさ」のこだわり

 毎日約70種類のパンをご用意し、ブレット、フランスパン、菓子パン、惣菜パン、調理パン、サンドイッチ、デニッシュ・クロワッサン、ピザパンなどなど・・・お子様からご年配のお客様まで幅広くお好みのパンをお選びいただける楽しさを提供しています。毎月約5〜10種類の新商品や季節限定商品も多くの方に楽しんでいただけています。
 季節ごとのディスプレイや小さなお子様の目線に合わせた飾りや絵本などを設置しています。


D「オンリーワン」のこだわり

 丁寧に焼き上げた一つひとつのパンを多くのお客様が召し上がるとき、笑顔や会話が生まれることを願っています。もりのこむぎは、まさに「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」を目指しています。パンの味はもちろん、もりのこむぎでしか味わえないものをお持ち帰りください。